肌を柔らかく優しくケア

ソープ

ピーリング石鹸は肌の古い角質を取り除き、くすみやザラつきを解消して肌のターンオーバーを整える効果があります。ピーリング剤としてはフルーツ酸が使われており、その中でもグリコール酸のピーリング効果が優れています。リンゴ酸やクエン酸はややピーリング効果が劣りますが、敏感肌に向いています。

もっと読む

何が原因か

女の人

様々な原因で発症するアトピーは脂漏性肌と乾燥肌の2つに大きく分けられ、自分の症状に合った商品を使用する事で悪化を防ぎます。症状が酷く出る場合は皮膚科に通い、処方薬を使用しながら症状を和らげる事も可能です。

もっと読む

ローションケア

スキンケア

スキンケアの定番である化粧水は、洗顔後の肌を整える役割を果たします。化粧水は角質層に水分を補うことで知られていますが、肌質を調整する効果も合わせ持つアイテムです。洗顔後の肌は、いわば肌の潤い成分が洗い流された状態になっています。従って、刺激に対して非常に弱いのが特徴です。元々肌の保護機能が低下している敏感肌の方は、特に過敏な状態に陥っていると考えられます。多くの場合アルカリ性に傾いているのが、洗顔の後の肌です。アルカリ性の肌は、乾燥しやすく刺激にも敏感になります。このような状態を理想的な弱酸性に導くのも、化粧水の大切な役割です。敏感肌は、弱酸性に戻るペースが健康な肌に比べて遅く、化粧水でのサポートが重要な意味を持ちます。

このような化粧水の働きを押さえておけば、肌質に合わせて商品を選ぶことが可能です。酸性とアルカリ性のバランスを考えることで、理想的な状態に肌が保てます。例えば、ニキビが気になる方はやや酸性度の高い化粧水を使用すると効果的です。余分な皮脂が抑えられ、毛穴が引き締まることで多くの場合ニキビが改善されます。また、乾燥しがちな方には、酸性度が抑えられている化粧水が最適です。敏感肌の場合は、出来るだけ肌に刺激を与えない酸性度の弱い化粧水を用いるようにします。乾燥しがちな方は、特にphバランスにこだわって化粧水を選ぶのがコツです。肌の状態を整えるためにも、敏感肌の方は洗顔後早めに化粧水をつけることが求められます。

自分のまつげを活かす

まつげ

まつエクはセルフで付けることも出来るのですが、最初のうちは慣れるまでに時間がかかるかもしれません。簡単にセルフを楽しむ方法として、まずはリペアから始めましょう。サロンで一通り付けてから付けたしを自分で行うことから始めるのもアリです。

もっと読む